遅れたクリスマスプレゼント

遅れたクリスマスプレゼント

クリスマスにプレゼントしたいと思い、はじめた編み物が、クリスマスには間に合わずあっという間に、年が明けてしまいました。それでも、来年のクリスマスようにと編んでいる靴下はもうすぐで完成。一目一編むのがとてもいとおしくすっかり編物に魅せられてしまいました。編み物を通して糸の太さから様々なものが出来ること、毛糸で出来ないことは、それよりさらに細い糸を使ってかぎ針編みをする、さらにかぎ針より細い糸はレース編みをするなどと、色々な方法があると知りました。なき曾祖母が編み物すきで残してくれた編み棒やかぎ針がなかったら、今楽しめていなかったのだなあと思うと感謝でいっぱいになります。編み物はシニア世代がやるイメージでしたが、実際に体験して年齢も関係なく自分の作りたいものができる点から、手作りの良さというものを痛感しました。これからも継続して楽しく続けられる趣味のひとつにしたいです。気をつけるのは下を向いてばかりで猫背にならないようにすることかなと思いました。子供専用のカイテキオリゴ

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.